結婚が決まられた皆さん、結婚式のご予定はありますか?最近は、結婚式のスタイルも多様化してきていて、豪華な結婚式、おもてなし婚と呼ばれるゲストが楽しめるように考えられた結婚式、地味婚、無し婚……本当に、結婚式というのは住人十色です。

確かに、結婚式をするとなると、何か月も前から式場を探して予約して、来てもらいたい方々の都合を聞いて、招待状を送って、失礼の無いように席次を決めて……と、すべきことが膨大にあって大変です。もちろん、費用もそれなりにかかります。ですから、結婚式は無しでいいやと思うカップルも少なくありません。金銭的な問題だけでなく、結婚するおふたりそれぞれが仕事に忙しくて準備なんてできないという場合も、最近は多いようですよ。

それでも、結婚の記念に、婚礼衣装で写真は撮っておいたほうが良いと思います。そのついでに、お互いのご両親だけなど、本当に親しい方と一緒に食事会をすれば、ご両親への感謝の気持ちも表せますし、撮った写真は一生の記念になるだけでなく、年賀状や転居案内にも活用できます。

写真だけは撮ろうかなと思われたなら、こちらのWebサイトは写真だけの結婚式ホームページでは一押しですので、ぜひチェックしてみてください。すてきな衣装で幸せなお写真を撮りませんか。

ワインをよく飲むという人がいればそうでない人もいますが、ワインの中でもスパークリングワインと呼ばれた発泡ワインは、ワインをあまり飲まない人でも好きな人がいます。

スパークリングワインは、口当たりがよく、ワインよりも飲みやすいことが特徴です。この種のワインは、二酸化炭素を含んでいるので気泡があり、炭酸ソーダのような感じが人気となっています。

スパークリングワインの場合、通常にワインであるスティルワインとは違って開栓すると発泡します。そのため、瓶も頑丈なものが使われています。

発泡ワインでは、フランスのシャンパーニュ地方の発泡ワインのみ、シャンパンと呼ばれるほど、お酒に中では知名度が高いものとなっています。

また、フランスでは、品質を保証する制度のAOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロ)に指定された発泡ワインがあるなど、フランスではポピュラーなものとしてよく飲まれているようです。

ほかにもスパークリングワインには、発砲ワインとしてシャンパーニュ以外の地域で作るスパークリングワインのクレマンなどがあります。発泡性のワインは、世界各国でさまざまな名称のものがあり、日本でもスパークリングワインが作られるようになっています。