ワインをよく飲むという人がいればそうでない人もいますが、ワインの中でもスパークリングワインと呼ばれた発泡ワインは、ワインをあまり飲まない人でも好きな人がいます。

スパークリングワインは、口当たりがよく、ワインよりも飲みやすいことが特徴です。この種のワインは、二酸化炭素を含んでいるので気泡があり、炭酸ソーダのような感じが人気となっています。

スパークリングワインの場合、通常にワインであるスティルワインとは違って開栓すると発泡します。そのため、瓶も頑丈なものが使われています。

発泡ワインでは、フランスのシャンパーニュ地方の発泡ワインのみ、シャンパンと呼ばれるほど、お酒に中では知名度が高いものとなっています。

また、フランスでは、品質を保証する制度のAOC(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロ)に指定された発泡ワインがあるなど、フランスではポピュラーなものとしてよく飲まれているようです。

ほかにもスパークリングワインには、発砲ワインとしてシャンパーニュ以外の地域で作るスパークリングワインのクレマンなどがあります。発泡性のワインは、世界各国でさまざまな名称のものがあり、日本でもスパークリングワインが作られるようになっています。

There are no comments yet.

Leave a Reply